屋外保護仕様

標準SA - 111

サンエーシート防水の代表的な工法です。信頼性・工期短縮・近隣対策の面で、
現場に愛されて40年近い実績があります。

※立上りは、サンエートップ仕上げが標準となります。

(一社)日本建築学会「JASS 8」 参考仕様(ホ)

合成高分子ルーフィング工業会「KRK標準工法」 RE-F301

仕様番号 SA - 111
説明 1層
推奨用途
(非断熱仕様の場合)
陸屋根・ルーフバルコニー・1階回り・鑑賞池・
外構・外部階段・屋上駐車場
防水層重量 約4.1kg/㎡
下地勾配 1/100以上
工程 材料(標準使用量)
シート
施工
プライマー(0.3kg/㎡)
ポリマーセメントペースト(立3.5kg/㎡:平3.0kg/㎡)
サンエーシート
仕上げ 平場 コンクリート、モルタル等(別途工事)
立上り サンエートップ (0.8kg/㎡)、モルタル等(別途工事)
※詳細はカタログをご確認ください。

高耐久SA - 112

2層張りの仕様です。高耐久性が実現できます。

※立上りは、サンエートップ仕上げが標準となります。

合成高分子ルーフィング工業会「KRK標準工法」 RE-F301W

仕様番号 SA - 112
説明 2層
推奨用途 陸屋根・ルーフバルコニー・屋上駐車場
防水層重量
(非断熱仕様の場合)
約8.1kg/㎡
下地勾配 1/100以上
工程 材料(標準使用量)
シート
施工
プライマー(0.3kg/㎡)
ポリマーセメントペースト(立3.5kg/㎡:平3.0kg/㎡)
サンエーシート
4 プライマー
5 ポリマーセメントペースト (立3.5kg/㎡:平3.0kg/㎡)
6 サンエーシート
仕上げ 平場 コンクリート、モルタル等(別途工事)
立上り サンエートップ (0.8kg/㎡)、モルタル等(別途工事)
※詳細はカタログをご確認ください。

 

塗膜補強SA - 115

接合部補強のためにサンエーテックスEー10を塗布する仕様です。
より安全な防水層が得られます。

※立上りは、サンエートップ仕上げが標準となります。

仕様番号 SA - 115
説明 塗膜補強
推奨用途 陸屋根・ルーフバルコニー・屋上駐車場
防水層重量
(非断熱仕様の場合)
約4.2kg/㎡
下地勾配 1/100以上
工程 材料(標準使用量)
シート
施工
プライマー(0.3kg/㎡)
ポリマーセメントペースト(立3.5kg/㎡:平3.0kg/㎡)
サンエーシート
サンエーテックスE-10(100mm幅:0.25kg/m)
仕上げ 平場 コンクリート、モルタル等(別途工事)
立上り サンエートップ (0.8kg/㎡)、モルタル等(別途工事)
※詳細はカタログをご確認ください。

各種仕上げ例 標準的な保護コンクリート/保護モルタル以外の仕上げ例を掲載しています。※別途工事になります。

 

タイル

1薄層でタイル仕上げができます。仕上げ厚を薄くしたい時に最適です。
※外断熱仕様の場合は80mm の保護コンクリートになります

 

 
 

 

クッションマット・人工芝

10mmの保護モルタルの上にクッションマットや人工芝を敷設できます。老人ホームや幼稚園・保育園などに最適です。劣化したクッションマットや人工芝だけを改修することができます。
※外断熱仕様の場合は80mm の保護コンクリートになります。

ウッドデッキ

保護コンクリート/保護モルタルを打設せずに直接ウッドデッキを設置できます。
※外断熱仕様の場合は80mm の保護コンクリート上に設置することになります。