地下防水先やり仕様

標 準
接合幅 50mm SA - 321
高耐久
接合幅 100mm SA - 328

サンエーシートを山留壁面に浮かして張り付ける地下防水先やり工法です。後打ち躯体と強固に密着するため、シートと躯体間に地下水が浸入することがありません。材料は軽量でシートを張って接合するだけなので施工も早く、セパレーター貫通部の処理は、当社独自のWSワッシャーを使用して止水処理を施しており、施工性・性能面で圧倒的な優位性を持っています。建築、土木を含めて数多くの実績があります。

特長

後打ち躯体との接着強度や層間水密性が非常に高い

セパレーター貫通部は当社独自のWSワッシャー工法を採用
(WSワッシャーを使わない場合もあります。詳しくはカタログをご参照ください)

材料は軽量で施工性が非常に優れている

※詳細は地下防水専用カタログを参照してください。

※山留壁の種類: SMW、親杭横矢板、鋼矢板 等

仕様番号 SA - 321  SA - 328
工程 材料(標準使用量)
山留面
シート施工
ビット部サンエーボンドPU(5g/箇所)
サンエーシート
WSワッシャー
調整パイプ
接合部サンエーボンドPU50mm幅 (SA-321)
 100mm幅 (SA-328)

※詳細はカタログをご確認ください。

底部防水仕様 (先やり防水)

SA - 321U  
SA - 328U

サンエーシート防水は、先やり及び後やり防水層と同じ材料で底部(均しコンクリート上)も施工できます。浮かし張りすることができますので、工期短縮が図れます。

仕様番号 SA - 321U SA - 328U
工程 材料(標準使用量)
底部防水施工
指定接着剤
サンエーシート
接合部サンエーボンドPU
50mm幅 (SA-321U/SA-411U)
100mm幅 (SA-328U)
底部保護層施工
(別途工事)
保護モルタル10mm以上

※詳細はカタログをご確認ください。